2010年05月19日

「解決いつになったら」=全国の原告が記者会見−B型肝炎訴訟(時事通信)

 札幌地裁のB型肝炎訴訟で救済案を示さなかった国側の姿勢に対し、札幌をはじめ全国の地裁で係争中の原告が14日、各地で記者会見した。「いつになったら解決するのか」。政府に対し、一刻も早い具体的な進展につながる救済案の提示を望む訴えが相次いだ。
 北海道訴訟の原告清本太一さん(33)=札幌市=は「和解勧告後、原告2人が亡くなっている。さらに待たすということは、原告が亡くなるかもしれないということ。これが『命を守る』という政権のやることなのか」と涙ながらに語った。
 福岡地裁の九州訴訟でも和解勧告が出ており、17日に進行協議が開かれる。1年前に肝がんで余命3年と診断を受けた窪山寛さん(63)は「いつになったら解決できるのか」と憤った。先月には2回上京し、原告団として長妻昭厚生労働相との面会を求めたが実現しなかった。「2年しかない命と宣告されたつらさを政府に訴えたかった」と男泣きした。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

参院選でHP・ブログ○、メール・ツイッター×(読売新聞)
<石神さん>「女性の願いを一つだけかなえる」 鳥羽・神明神社、女性参拝客増える(毎日新聞)
<たちあがれ日本>片山元総務相の擁立検討 参院選比例(毎日新聞)
工業所有権等収益の減少などで減収・減益―日本新薬(医療介護CBニュース)
自民、参院選で三原じゅん子氏を公認 あべ静江氏も検討(産経新聞)
posted by エナリ マサオ at 01:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

うほほぉぉおぉおぉっ!!!!(*゚∀゚)=3
あの亀 頭吸いながら舌で舐め回すテク!マジでヤベェ!!
報 酬 5 万もらえたし、さいっこぉの仕事見つけたぜぇぇぇ!!
http://topo.Specover.com/fb1kd27/
Posted by なんじゃあのワザ!!! at 2010年05月22日 06:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。